age 食べ物

AGEが含まれる食べ物とは

老化を早める成分はAGEであると先のページでお話しました。

あまり聞いたことがないという人も多いと思いますが、AGEというのは終末糖化産物のことをいいます。AGEとはたんぱく質と糖分に熱が加わることで生成され、毒素を持っています。

AGEは体の中もしくは食品から生成されます。
このAGEがやっかいな理由は老化現象を促進するからです。

老化現象というと、しわやしみ、白髪などが増える、体力が衰えるということが思いつきますが、AGEがもたらす老化は外側だけではありません。

AGEは血管の中でたまり、心筋梗塞、脳梗塞を引き起こします。
さらに内臓脂肪を増やし、メタボにつなげていきます。
骨にたまると骨粗しょう症を起こします。

脳の神経細胞を変えていき、アルツハイマー型任地賞につながります。
目にたまれば白内障になります。

いずれも怖いものばかりですし、中には命にかかわるようなものもありますよね。
ですがAGEもしっかり知識を持って対策していけば怖がることはありません。
まずAGEがどんな食べ物に含まれているのかを知ることです。

AGEはホットケーキやワッフル、揚げ物、ステーキや焼肉、フライドポテト、ポテトチップス、ベーコンなどに多く含まれています。

つまり、糖分とたんぱく質と熱と時間が組み合わさるものです。

ですがAGEを多く含む食べ物はカロリーの高い食べ物です。
また野菜や果物、穀類にはAGEは多く含まれていませんし、野菜や果物は抗酸化作用を持っています。

たとえば野菜を先に食べるなど、糖分の吸収を穏やかにする方法を試してみて、AGEの影響を減らしていく工夫も大切です。

 

 

 

関連記事

  1. トランス脂肪酸も老化を進める大敵と心得る
  2. 唐揚げが老化を促進させると言われる理由
  3. 老化を早めるAGEの正体を暴く!