長寿遺伝子 サーチュイン

長寿遺伝子サーチュインを活性化させる2つの方法

長寿遺伝子とは専門的には「サーチュイン(Sir2)」と呼ばれるもので長寿遺伝子には、若々しい細胞を保つために、細胞の死滅を防ぎ、老化を遅らせる働きがあります。

これは、よく言われる「長生きの里」などの特別な人たちが持つ遺伝子ではありません。
人間を含めたすべての生物が平等に持っている遺伝子なんです。

こんなに素晴らしい働きをする遺伝子なのだから、誰でも若さを保っていられるんじゃないかと思いますよね。

でも普通の生活をしていると、この長寿遺伝子は眠った状態で働くことはありません。

実は、この長寿遺伝子を目覚めさせるためには、2つの方法しかありません。
ひとつは、食事制限をすることです。
サーチュインは飢餓状態でないと活性化しません。

「え~、そこまでするんなら若くならなくてもいいや」と思う人も多いと思います。

しかし、そこまでしなくても普段食べる量を7割程度減らすことで、この長寿遺伝子が活性化することが研究で判明しているので安心してくださいね。

もうひとつはレスベラトールを摂取することです。

テレビや雑誌などマスメディアではこのレスベラトールが長寿遺伝子を活性化することに注目し、老化を気にする方に向けて大きく取り上げていました。

その結果、サプリメントでも販売されるようになりました。
生物は、絶えず細胞分裂を繰り返し、蘇生と再生も行われています。

しかし、細胞分裂できる回数は限られています。
長寿遺伝子が活性化すると、細胞の死滅を防ぐことができ、結果として老化を防ぐことができるようになります。

 

 

 

 

関連記事

  1. 老化を防ぐレスベラトロールとは