老化 レスベラトロール

老化を防ぐレスベラトロールとは

老化を防ぐレスベラトロールとは、抗酸化作用を持つポリフェノールの一種で、サンタベリーやぶどうの果皮に多く含まれていると言われます。

今、レスベラトロールが世間で注目を集めているのは、サーチュインと呼ばれる長寿遺伝子を活性化させる効果があることが研究によりわかったからです。

さらにこの長寿遺伝子を活性化することで、人体に驚く程のアンチエイジング効果を発揮させることが可能であることがわかりました。

人間は大昔から「不老不死の身体」を永遠のテーマとしてきました。

その夢を現実のものにするキーワードとなる成分としてテレビの特集で紹介されたこともあり、レスベラトロールのサプリメントも爆発的な人気になっています。

何故、サプリメントが必要かというと、通常サーチュイン遺伝子を活発にさせるためには、空腹な状態、いわゆる飢餓状態におかれないと活性化しません。

となると通常の食生活を送っている私たちには無理なことですね。

しかし、レスベラトロールを摂取することで、同じ効果が得られるのですから、これを摂取しない手はないですよね。

実はぶどうの果皮を原料とする赤ワインにはレスベラトロールが多く含まれ、薬効が期待できる事は、古くから知られていました。

例えば、ワインをよく飲むフランス人の心疾患が原因による死亡率は、他の先進諸国に比べて低くなっています。

統計的にもフランス人の赤ワインの消費量は、世界で1番です。
その赤ワインに含まれているポリフェノールが、レスベラトロールです。

フランス人の方々は、赤ワインをたっぷり飲むことで、知らないうちに、心疾患を防いでいたというわけです。

そのほかにもレスベラトロールは、心臓や血管だけでなく、動脈硬化、認知症、肥満、糖尿病、ED、AGA、放射能障害の予防や改善する効果があると言われています。

 

 

 

 

関連記事

  1. 長寿遺伝子サーチュインを活性化させる2つの方法